qrcode.png
http://www.re-jewelry.net/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 
一般社団法人
日本リ・ジュエリー協議会

〒110-0015
東京都台東区東上野1-26-2
オーラムビル208
TEL.03-6806-0013
FAX.03-6806-0014

───────────────
リペア、リモデル(リフォーム)、
リサイクル、リフレッシュ、
リユース、すべての「リ」のつく
ジュエリー・サービスを提供する
うえで、顧客満足度を高め、
顧客から信頼されるサービスを
提供するための基盤として、
≪一般社団法人
日本リ・ジュエリー協議会≫が
設立されています。
───────────────
 

作り替える

 

作り替える

作り替える
 
一般にはジュエリー・リモデルジュエリー・リフォームといわれます。
古くなったジュエリーの石の部分を生かして新しくすることですが、これをされる方が最近は増えています。

宝石にはさまざまな思い出が詰まっています。
大切なものだけど、でもデザインが古くなって、ちょっと着けづらい…と思われているとしたら、リモデルするのがお勧めです。貴方だけの、お気に入りのデザインに生まれ変わらせることが出来ます。
方法は、オリジナルの絵を描いてもらって1から作るオーダーのものから、既成枠からお気に入りのデザインを選んでそれに石留めするイージーオーダーなどいろいろです。
その際、もう使わないと思われているジュエリーがあれば、それを一緒に持っていって下取りしてもらい、内金として処理してもらえば、意外なほどお手頃な料金で作り替えが出来たりもします。
 
ジュエリーの先進国ヨーロッパの女性たちは、
よく「マイ・ジュエリー」という言い方で自分のジュエリーを表現します。
それは、単に自分が所有しているジュエリーという意味だけでなく、そのジュエリーが二つとない、自分だけの、かけがえのない大切な思い出と一緒になったジュエリーだということを表現しています。
本来、ジュエリーとはそういうものです。
そして、日本でもジュエリーの作り替えが盛んになってきたということは、そういうジュエリーを持ちたいという意識と欲求が、日本の女性たちのなかにも芽生えてきたということでしょう。


 
 
リモデル事例
before
before
after
after
1 元のリングを分解し、石と地金(枠)に分けます。
2 地金(プラチナ・金)は分析の上、買取ります。
3 元のリングで使っていた石をすべて使用して、新しいデザインのプラチナリングができました。
4 買い取った元リングの地金は、リモデルに使用した地金(枠)の代金と相殺できます。
<<一般社団法人日本リ・ジュエリー協議会>> 〒110-0015 東京都台東区東上野1-26-2 オーラムビル208 TEL:03-6806-0013 FAX:03-6806-0014